セイケンハウス株式会社

江田信

親が子供の為に送る一番最初のプレゼントは何だか思いつきますでしょうか?
僕はそれは『名前』だと思っています。
なぜ、僕がこんな事を言っているのかと言いますと、僕は自分の名前が好きだからです。
自分の名前は『信』と書いて、『まこと』と読みます。
まず、初めて好きになったきっかけは、小学生の時です。歴史で習った織田信長がきっかけです。
小学生なので、単純に天下統一した戦国武将と同じ漢字が入っているから、かっこいいなという思いが最初でした。

次に意識しだしたのは、小学生の授業で「自分の名前の由来を聞きましょう」という宿題があったからです。両親の答えはこうでした。「1つは、親父の名前の1文字を引き継がせたかったこと、2つ目は『信頼・信用してもらえる人間になってほしいという願いをこめて』ということでした。」
この時から無意識ですが、「信じてもらえる人になりたい」という思いを頭の片隅に置きながら生きてきた気がします。
「信頼」という言葉がいつも自分の考えかたに影響しているなぁと年齢を重ねていくうちに深く感じています。
また、『まこと』という名前には『真』『誠』があります。この漢字も僕の好きな漢字です。
ウチの社長の西田は『今の○○様ご家族があるのは、ご主人様と奥様のご両親が出会って、お二人が生まれて、そのお二人が出会って、お子さんが生まれて、○○様があるのです。』と話していることをよく聞きます。
この言葉を聞くたびに、そのとおりやなぁと思うのと同時に自分の名前をつけてくれた両親に感謝の気持ちが湧きます。

話が変わりますが、親が子供に送る一番大きなプレゼントはなんでしょうか?
それは、『大切な人と集う場所=家』だと思います。これは、僕がこの仕事を続けてきて思うことです。土地探しから、お客様とお付き合いさせて頂いて、「子どもに音など気兼ねなくのびのび生活して欲しい」、家で楽しめるように「ブランコをつけたい」「雲梯をつけたい」「ボルダリングをつけたい」、「土地と家を残してあげたい」などをよくお聞きします。多くの方が子供の為にと思い立ち、「家つくり」を始めるのではないかと思われます。
僕は田舎育ちで、じいちゃん・ばあちゃんの兄弟が多い為、戸籍上、兄弟は妹だけですが、たくさんの兄ちゃん・姉ちゃん・弟・妹がいます。
家族はもちろんの事、友人、親戚が集まる家は僕が理想とする家です。

バーベキューをするから、お酒飲むから、家に集まる理由は何でもいいと思います。
大切な人達が集まり、話しをしたり、遊んだりして楽しめる事がとても恵まれていることだと思います。
親戚の多い環境であったのも影響して、幼いころから多くの人と出会う機会があり、出会った人に助けてもらいながら生きてきました。
恥ずかしいことですが、小学校が家から3kmあった為、親戚のお姉ちゃんと朝一緒に登校してもらったりなどもあります。
昔から両親、兄弟、親戚、友人、はもちろん多くの人に助けてもらいながら来たのですが、今では、『家つくり』のお手伝いをさせて頂いたお客様もその中にいます。
「結婚生活はどんな感じだよ」とか「子供が出来たらこんなだよ」など僕が経験していない事についていろいろなアドバイスをもらいます。
表現はあまり良くないですが、いつのまにか、親戚の兄ちゃん・姉ちゃんと話をしている感覚になることが多くあります。
また、お客様のお子さんが打合せ途中に膝に座ってきたり、抱きついてくれることもあります。
そんな時が自分が親戚のおじちゃんかお兄さんの様な感覚になり、その時が一番うれしいなぁと感じます。なぜ、僕が『家つくり』のお手伝いをさせて頂いているか、その答えはここにあります。

セイケンハウス株式会社 江田信 セイケンハウス株式会社

江田信