家族の歴史を刻む空間
そんな暖かい家を創ります。

降り注ぐ太陽、頬をかすめる風、
足の裏に伝わる杉の心地良い感触、
懐かしい木の香り
いつ帰っても、誰か居なくても何も聞かずに
『おかえり』といって全てを包み込んでくれる・・・

手垢のついたタモ材の
手摺きつね色になった吹抜けの杉板天井、
子どもから孫へと受け継がれたブランコ、
大きな木陰をつくるシマトネリコ、
深い光沢を放つ楠木のテーブル、
お気に入りのウッドデッキでお茶を飲む夫婦・・・

三十年後の家の姿。
確実にゆっくりと時間がすぎている。
家も人も年月が経った時、
ほどよい味がでてくる気がする。

成長した子ども達が里帰りした時、
一瞬にしてタイムスリップしてしまう不思議な空間、
優しい純粋な心にリセットしてくれる私達の原点、
ほっとする場所、ありのままでいられる場所、
そんな場所をつくっていきたい。

  • 家族の歴史を刻む空間、
    それがセイケンハウスの創る家。
    私たちは、そんな暖かい場所を作り、
    社会のお役に立つ会社です。

ほっとする場所、
ありのままでいられる場所、
そんな場所をつくっていきたい。