セイケンBlog

〜セイケンハウス スタッフBLOG〜

筑紫野市K様邸~棟上げ♪~

こんにちは、福岡の注文住宅セイケンハウスです~♪

 

先日、筑紫野市にてK様邸の棟上げ工事が行われました!

家の基礎工事が進み、その上に柱や梁を順に組んでいき、家の枠組みの最後に屋根の一番高いところへ棟木と呼ばれる水平材を収めることを棟上げと呼びます!

 

1階から屋根までを一気に組み上げていくので、棟上げの日はたくさんの大工さんの協力が必要になります!

工事を始める前には、大勢の人が動くことを考えて打ち合わせを行い、工事がスムーズにそして安全に進むように確認します!

そしていよいよ棟上げスタート♡

まず1階の柱を立てていき、2階の床梁をかけていきます!

一日で工事を一気に進めるので、大工さんたちは、とても手際よく作業を進められています!

1階の柱を立てる際には、垂直の精度が悪いと柱が斜めになってしまい、建物全体が歪んでしまいます!

なので、歪みがないか確認するために水平チェックを行います!

2階の床梁が終わると、床板の設置の工程です!

クレーンで一気に部材を運び込めるので、昔に比べて作業スピードがぐっと上がりました!

テキパキと動く大工さんたち!

息がピッタリです(^^♪

そして・・・

その様子をじっと遠くから見つめるK様ご家族♡

棟上げの日は、図面の上でしか確認できなかったお家が、目の前で組み上がっていく様を間近に見ることができる、とても大切な日です!

K様、ぜひ近くで棟上げを楽しんでくださいね(*’▽’)♡

K様が見守られている中で、次々に新しい展開が広がります!

柱や梁を組み上げるのと同時に、耐力面材を張っていきます!

土台、柱、横架材を、構造用ハイベストウッド(面材)で一体化し、全体を一つの箱にすることで、壁面全体で外力を受け止め、すぐれた耐震・耐風性能が得られます!

永く安全に住み続ける工夫が、棟上げの現場では、多々見ることができました!

その後、2階の柱を立て、天井梁をかけたら、屋根の骨組みである小屋組みの作業になります!

そして屋根の一番高い部分に棟木を設置したら、上棟完了!

と言いたいところですが、棟木を上げた後も、作業は続きます(*’▽’)♪

次は屋根の小屋組みです!

水平材の上に垂木を並べ組んでいきます!

小屋組みが終わると、下地を張る工程です!

垂木の上に、野地板を張って、屋根の下地造りです!

野地板の上には、さらに防水シートを施工します!

壁には面材、屋根には防水シートを設置し、これで万が一雨が降っても安心です(^^♪

K様邸の棟上げ工事、無事終了しました(#^^#)

 

 

K様、上棟おめでとうございます(#^^#)

あっという間の一日でしたが、楽しんでいただけましたか?

 

K様邸、次は上棟式です♪

 

 

 

~おまけ其ノ壱・棟上げの楽しみ♡~

 

棟上げの楽しみの一つ!お弁当♡

K様から差し入れに、お弁当も頂きました!

棟上げ作業は体力勝負(^^♪

美味しいお弁当で、元気100倍になりました!

K様、ありがとうございました(*’▽’)♡

 

~おまけ其ノ弐・実際に見てみて👀~

 

棟上げ作業の途中、大工さんたちの休憩の時に、K様と中を覗いて回りました!

図面だけでは確認できなかった、家具の大きさなど、スケールを片手に確認しました!

新しい発見があったようですね(#^^#)

 

~おまけ其ノ参・Rくん~

 

パパとママがお話してるから・・・

Rくんもお家の中を探検中!

 

 

何か見つけたよ!

ヒャッホー!!!

小さな発見も♪

楽しんじゃう~♪♪♪

Rくんにも棟上げの現場には、沢山の発見があったみたいです!

 

 

Rくん、上棟式でも楽しいこと見つけてね(#^^#)♡

 

 

 

 

タグ: / / / / / / / /