福岡の注文住宅・新築・一戸建てはセイケンハウス

福岡の
狭小地
快適な家を
建てる
福岡の
狭小地
を活かします
狭小地とは?
狭小地とは、一般的に狭小地とは30坪にみたない
「30〜15坪以下の土地」のことを言います。
福岡市では都市部の住宅密集地に多く存在しています。
セイケンハウスは
狭小地をうまく活かして
理想の家を建てます
私たちは豊富な経験で
福岡の狭小地を探します
福岡の土地を
お探しの方は
ご覧ください!
自由設計だから狭小地に
理想の家を建築できます
土地が高騰している福岡ですが
狭小地を活かせば理想の家が建つのです!!
そこで
今回は、狭小住宅のメリット・デメリットを
ご説明します!!
狭小住宅のメリット
福岡の利便性がいい場所に
実現可能な予算で家を建てられる
福岡の都市部の土地の価格は急上昇していますが
まだ探せば、よい狭小地が残っているので
探すことができれば安価で利便性のいい都会に住めます。
セイケンハウスは狭小地を探し、理想の家を建てます!
住んでからの維持費が安い
毎年課税される固定資産税や都市計画税が狭小住宅の
場合、建物や土地が小さい分、毎年の税金が安くなります。
また、冷暖房や照明などの電気代が大きな家に比べて
割安になります。
今回ご紹介するデメリットを解消して
メリットを最大限に活かす家づくりができれば
福岡で理想の注文住宅を建てれます。
狭小住宅のデメリット
導線
導線は家の中で人が動く線を言います。狭小住宅は限られたスペースで建築するので導線がぶつかりやすくなります。廊下や間取りをうまく作らないと人数の多い家では家の中が混雑する家になってしまいます。
セイケンハウスは導線対策をします!
私たちは建売りとは違って、自由設計の注文住宅なので導線が重なり合う部分を減らすように設計し、廊下や壁が少なくなるように設計したり、収納を家族の個性に合わせて作るなどして導線を企画します。
建築コスト
狭小地に家を建てる場合、以外にかかるのが建築コストです。敷地が狭いので資材を置けない理由から資材を何回も分けて運ぶため運搬費用がかかったり、道路使用許可や交通誘導員に費用がかかる場合もあります。
セイケンハウスは資金計画も
お手伝いいたします!
私たちはお客様と二人三脚で資金計画も考え家を建てていきます。多くのお客様の問題を解決してきました!
なんでもお気軽にご相談ください!
自由設計・セイケンハウスの注文住宅
また、ここでは狭小住宅を建てるときの
注意点をご紹介します。
狭小住宅を建てるときの注意点
1.高さ制限・北側斜線制限に注意
第一種・第二種低層住居専用地域では建物の高さが10m
または12mを超えてはならないと規定されています。
さらに、南面道路の土地では建物の北側も隣地の日照権を確保するために「北側斜線制限」が規定されている場合があります。
北川斜線とは
北側斜線制限があると、隣地との境界線上から敷地に向かって規定に従い斜線を引き、その斜線の中に北側の屋根部分の高さと勾配を収めなければならない場合があります。
したがって、高さ制限や北側斜線制限がある土地では屋根が低くなり、部屋の天井高を低くくしたり、部屋の面積自体を小さくしなければならないケースも出てきます。
2.建ぺい率・容積率に注意
建ぺい率は、建築面積の敷地面積に対する割合で、建築面積を敷地面積で割った数値で表します。
商業地では建ぺい率の上限が80%と高く設定されていることが多いですが、住宅地では40%〜80%と低いです。
角地は二方向に道路があるので10%割り増しになることが多いので、狭小住宅を建てる場合は角地がお薦めです。
容積率は、延べ床面積の敷地面積に対する割合で
敷地の接する道路の幅によって容積率が変わってくるので注意が必要です。
注意点やデメリットがあっても大丈夫!
私たちは豊富な経験で狭小地を活かした
理想の注文住宅を提案いたします!
家族3人なのか?4人なのか?で全然違う。
建売りは自由に設計できませんが
セイケンハウスは家族に合わせて
外観
間取り
収納
階段
水回り
スタイル
玄関の位置
寝室の位置
を自由に設計することができます!
お気軽にご相談ください!
の注文住宅
セイケンハウスの注文住宅は
熊本地震をきっかけに
基礎
から家づくりを見直しました
基礎工事
ホームメイキャップ塗装
2階から落としても割れない程の強度。基礎工事の「ホームメイキャップ塗装」を採用。外観の美観を整えるだけでなく、コンクリートの中性化を実現。地震などの外力による破壊を防ぎます。
基礎の長期耐久性を実現
耐力面材
ハイベストウッド
壁倍率4.0の高耐震・高耐久。面材工法により、壁面全体で地震力.風圧力を受け止め、バランスよく分散し、軸組の接合部への力の集中を緩和します。
アイシネン
高気密高断熱
極寒や酷暑など日本以上の高温多湿地域で比類の無い性能を実証した高機密高断熱アイシネンを採用。わずかな隙間もシャットアウト。だから高気密高断熱。環境にも優しい素材です。
開放感あふれる
吹き抜けと勾配天井
杉材をふんだん使用した吹き抜けの勾配天井。白壁には卓越した健康機能を実現した開放感あふれる空間デザインに。
シロアリに強い
飫肥杉の温もり
選び抜いた「飫肥杉」など無垢杉材を使用。杉材が持つ「やわらかさ」と「温かみ」など、木肌のやさしさを感じられる本物の木の家がセイケンハウスのこだわりの一つです。 
広々とした
高級ウッドデッキ
“マニルカラ”という、水中でも使用できるほど耐久性に優れた超硬質のデッキ材を採用。長い庇(ひさし)が日射を遮り心地よい半屋外空間を実現します。