セイケンBlog

〜セイケンハウス スタッフBLOG〜

博多区 Y様邸 ~地鎮祭♪~

こんにちは、福岡の注文住宅セイケンハウスです~♪

先日、博多区金隈に建築予定Y様邸の地鎮祭が執り行われました!

 

地鎮祭とは、建築工事が始まる前にその土地の神様を鎮め、土地を使わせてもらうことの許しを得るために、行う祭事です!

神主さんに来ていただき、施主様、施工業者とともに、工事の無事、安全を祈念するために行います<(_ _)>

はじめに、御神座に向かって全員で一礼!

地鎮祭は始まります~♡

開式の辞で儀式が始まり、神様をお迎えする前に参列者やお供え物を祓い清めます!

大麻(神主さんが持っている白くてふさふさした棒)で、お祓いを受けるときは、頭を下げます<(_ _)>

土地の神様をお迎えしたら、祝詞奏上で神様に奉告します!

続いて四方祓いです!

四方祓いでは、土地の四隅を酒、塩を撒いて清め、工事の安全と、土地の平安を祈念します!

家族全員で、心を込めて行われました(*’▽’)

 

続いて、地鎮の儀を行いました!

地鎮の儀には、刈初の儀、鍬入れの儀、杭打ちがあり、施主様、施工者が初めてその土地に手を付ける意味があり、工事の安全を祈念します!

ご主人様が、刈初の儀を、奥様が鍬入れの儀を行いました!

 

セイケンスタッフは、杭打ちを行いました!

大きな声で、『えいっ!』『やーっ!』気合を込めます( `ー´)ノ♪

 

そして、玉串奉奠です!

玉串とは、紙垂を付けた榊の枝の事です!

玉串は、神前にお供えする者ですが、人と神様を結ぶものという意味があり、自らの心を玉串に乗せ捧げます!

 

スタッフも心を込めて、行いました!

 

そして、神様にお帰り頂き、地鎮祭は終了です!

お神酒で最後に乾杯します!

『おめでとうございます』のご唱和で!

それから神主さんから、棟札をいただきました!

棟札とは、上棟工事の際に棟木の一番高いをころにつける札の事です!

建築記録として納めますが、最近では、守り札として扱われたりします(#^^#)

地鎮祭が終わってホッと一息♪

この棟札を付ける上棟の日もすぐに来ますよ~(#^^#)♡

そして、恒例の記念撮影を行いました♪

これから始まる楽しい家づくりの第一歩♡

記念の一枚です(*’▽’)

それから・・・地鎮祭が終わった後は、現地にて少しだけ打ち合わせを行いました♪

この時確認したのは、水栓の位置!

現場でイメージしての打ち合わせです(^^♪

その間、Ⅿちゃんは地縄で綱渡り~?

駆け回るMちゃん♡

私も~♡と、Rちゃんも楽しそう♡

地鎮祭の締めは、やっぱり笑顔だね( `ー´)ノ♡

 

Y様邸の家づくりは始まったばかり♬

これからが楽しみです~(#^^#)♡

 

 

 

 

 

 

タグ: / / / / /