セイケンBlog

〜セイケンハウス スタッフBLOG〜

宗像市F様邸 ~棟上げです♡~

こんにちは、福岡の注文住宅セイケンハウスです~♪

 

先日、宗像市に建築予定F様邸の棟上げ工事が行われました!

棟上げとは・・・

基礎工事が完成した後に木材を使って家の枠組み(骨組み)を組み始め、一番最後に屋根の一番高いところに棟木と呼ばれる横架材を取り付けます!

この棟木を屋根の一番高いところに上げることから、棟上げと呼ばれています!

棟上げは、1階から2階までを一日で一気に組み上げる特別な日です!

通常作業を行う大工さん以外に、応援の大工さんも集められ工事を行います!

その作業風景は、見応え十分♡

一生住む家が出来上がっていくことを実感できる良い機会なので、施主様にはぜひ楽しんでほしいですね(*’▽’)♡

大工さんたちは、朝早くに集合して事前打ち合わせをした後、一気に作業を開始します!

1階の柱を立てるところから始まり・・・

その上に、2階の床梁をかけていきます!

この工程で柱が垂直になっていないと、建物が歪んでしまいます!

柱を垂直に立てるように、大工さんが微調整を行い、仮筋交いで固定します!

2階床梁をかけ終わると、今度は床板を設置、柱を立てていきます!

そして、同時進行で壁に構造用の耐力面材(ハイベストウッド)を貼っていきます!

面材を貼ることで、土台、柱、横架材を一体化し、全体を一つの箱にして壁面全体で外からの力を受け止めるため、優れた耐震、耐風性能が得られます!

また、透湿抵抗が低い材質の為、壁内の湿気を排出してくれます!

普段の生活では目にすることはありませんが、快適な家づくりに欠かせないひと工夫です(*’▽’)♪

 

そして、内部を見ている間にあっという間に小屋組みへと進んでいました!

それにしても、クレーンで、棟木を吊り上げる様は、絵になりますね(^^♪

あっという間に無事、棟木が収まりました♪

この後は屋根の下地工事へと続きます(#^^#)

そして・・・

ナイスタイミングでWちゃんの笑顔をゲット!

F様も、棟上げの見守りに来ていただいています(^^♪

wちゃんは、棟木が上がったところで、スタッフと一緒におやつタイム♪

幸せなひと時♡

おいしい顔ってどんな顔?

こんな顔!!

 

それから工事は、屋根の下地(合板)を施工する工程へ!

通期スペーサーを施した上に、野地板を貼っていきます!

野地板の施工が終わると、屋根の職人さんが、防水シートを敷いて、この日の工事はすべて終了です!

暑い一日でしたが、無事に、棟上げも終了しそうです♡

せっかくなので、建ち上がったお家の前で、F様に記念撮影をお願いしました!

ご家族の素敵な笑顔ですね(#^^#)

 

F様、上棟おめでとうございます!

1日がかりの作業は休憩や昼食をはさみながら行われますが、大工さんたちの労を労うように、たくさんの差し入れもご用意していただき、ありがとうございました(#^^#)♪

F様家、次は上棟式です(*’▽’)♡

 

楽しみにしてます♡

 

 

 

タグ: / / / / / /