セイケンBlog

〜セイケンハウス スタッフBLOG〜

筑紫野市K様邸 ~地鎮祭♪~

こんにちは、福岡の注文住宅セイケンハウスです~♪

 

先日、筑紫野市に建築予定、K様邸の地鎮祭が執り行われました!

地鎮祭とは、建物の新築や土木工事の起工の際などにその土地の神様を祀り、工事の無事進行、完了、を祈って行われる祭事です!

はじめに神主さんから、この日の地鎮祭について、お話を伺いました!

施主様の殆どは、初めて地鎮祭に参加されますので、わからないことも多いかと思いますが、神主さんのお話を聞きつつ、式に臨めるので安心ですね(^^♪

そして・・開式の辞で式が始まりました♪

はじめに、参列者やお供え物を大麻(おおぬさ)で祓い清めます!

その後、土地の神様をお招きして、お供え物を差し上げ、祝詞奏上で、神主さんが土地の神様に安全祈願を行います!

祝詞は神主さんが使う独特の言葉で、神様に申し上げるときに使う正式な言葉です!

ちょっと聞いただけではわかりづらいのですが、この祝詞を聞くと、地鎮祭だなぁ、と、しみじみと思います(*’▽’)

心が落ち着きます♪

次に施主様に四方祓いを行っていただきました!

大麻で神主さんが祓った後に・・・

土地の四隅をお神酒、お塩を撒いて祓い清めます!

ご主人様には、お神酒を撒いて祓い清めていただきました!

続いて奥様には、お塩を撒いて祓い清めていただきます!

建築する地を清め、工事中に災いが生じないように祈願しました(#^^#)

続いて、地鎮の儀を行います!

工事を行う者(施主様)が、初めて土地に手をつけるという儀式です!

ご主人様には、鎌で土地を刈り取る儀式、刈初めの儀をお願いしました!

奥様には、鍬入れの儀を行っていただきます!

鍬で土地を均し、工事が始まることを伝えました!

最後にスタッフが行うのは杭打ちです!

土地に杭を打ち込む動作行います!

杭打ちで土地の基礎固めです(*’▽’)♪

続いて玉串奉奠を行います♪

玉串とは、紙垂(しで)をつけた榊の枝の事です!

玉串は神前にお供えするものですが、人と神様を結ぶものという意味があり、自らの心を玉串に乗せて捧げます(#^^#)

胸の辺りに持った玉串を、根元を神様に向けてお供えします!

次に二礼二拍手一礼した後、安全祈願をします!

「工事が無事安全に進みますように・・・」

工事に関わる全員で、祈願しました(#^^#)

その後、神様にお帰り頂いたら閉式の辞で儀式の終了をお伝えします!

式が終わると、お供えしたお神酒に参列者全員で口を付ける、神酒拝戴を行います!

神様と同じものを飲食することで、神様の力と加護を頂くという意味があります(#^^#)

おめでたい席での乾杯になりますので、『おめでとうございます』のご唱和で行いました!

工事の安全を祈念しての乾杯です♪

その後、神主さんからは、棟札を頂きました!

棟札は、上棟工事の際に、棟木に着ける札の事です!

この棟札を付ける上棟の日が、待ち遠しいですね(*’▽’)♡

棟札を頂いた後は、秋晴れの空の下、恒例の記念撮影を行いました!

素敵な笑顔です♡

その後、工事に関するお話や、棟札の事・・・

お家周りのことなど・・・簡単な打ち合わせも行いました(^^♪

少し、暑いくらいの秋晴れの日の光の下で、K様家の地鎮祭は無事に終了しました!

これで土地の神様のお許しを頂き、着工の準備が整いましたね(^^♪

 

この新しい土地でのK様家のお家づくり、楽しくなりそうです~♪

 

 

 

 

 

 

タグ: / / / / / / / /